在宅チャットレディを始めたい!必要な物を徹底紹介!チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

在宅チャットレディを始めたい!必要な物を徹底紹介!

在宅でもできるチャットレディ!必要な物や私にもできるのかが知りたい!

チャットレディを始めたい!必要な物を徹底紹介!

女性なら誰でも高収入を稼ぐことのできるチャットレディは、通勤だけではなく在宅勤務もできる求人ということで注目を集めています。キャバクラや風俗などの高収入アルバイトでは、在宅勤務を実現することができません。

子供がいて外で働けない人や、普段は会社員をしていて限られた時間で副業をしたいという人にとっては、通勤時間0で高収入を稼げるというのはとても魅力的でしょう。

目標がある人にとっては、今すぐにでも働き始めたいアルバイトです。しかし、在宅で勤務するとなると準備が必要になってきます。在宅チャットレディに必要な物とは何なのでしょうか。今回の記事では、こういった内容を暗しくご紹介していきます。

在宅チャットレディに必要な物は経験!稼ぐノウハウがないと独立は難しい

今回在宅チャットレディを始めたいと思い、この記事を見ている人はチャットレディという仕事を経験したことがない初心者の人が多いのではないでしょうか。経験者は必要なものを粗方知っているため、未経験だから気になるという人が多いでしょう。

在宅勤務のチャットレディを始めるためには、経験がないと厳しい部分が多々あります。なぜ在宅チャットレディに必要な物は経験なのか、ご紹介していきましょう。

稼ぐためのコツを知らないと収入0の危険性も

チャットレディは普通の会社員やパート社員、アルバイト社員とは違って雇用されて給料を毎月もらえるという契約ではありません。給料制ではなく報酬制となり、契約としては業務委託になります。

会社に所属する社員という認識ではなく、ライブチャットサイトと契約をした個人事業主扱いとなるのです。イメージとしては、一人社長というのがしっくりくるでしょう。

そのため、ライブチャットサイトにログインした時間だけお金が発生するという仕組みではなく、男性とチャットが繋がった分の分給分の報酬が支払われるという仕組みになっています。

どれだけ長い時間ログインしても、待機時間が長く男性と繋がることがなければ報酬は一切発生しません。そのため、稼ぐノウハウやコツを知らない初心者から在宅勤務を始めてしまうと、収入0になってしまう危険性があるのです。

ライブチャットに来る男性の好みには特色があります。男性会員の好みを知っておかなければ、稼ぐのも難しくなるでしょう。代理店登録をすることで、ノウハウの取得は可能になります。自分だけで稼ごうとは思わずに、代理店に頼ってみてくださいね。

トラブル対処を自分で行う必要がある

チャットレディは簡単な仕事ではありますが、たまにトラブルに遭うこともあります。代理店に登録していれば、スタッフがトラブルの対処をしてくれるのですが、在宅で自分一人で働くとなると、その対処は自分で行う必要が出てきてしまうのです。

チャット画像キャプチャや動画の流出、男性客によるストーカー被害、身バレ・顔バレなどの危険性などあらゆるトラブルが考えられます。

こういったトラブルは、事前に回避することができます。しかし、いくら予防をしていても避けられないこともあるのです。そういった場合は早急な対応や、場合によっては弁護士を雇う必要も出てくることでしょう。

代理店に登録することでスタッフがそういった対応をしてくれたり、顧問弁護士に任せたりすることもできるのです。自分一人ではどうにもならないということが出てくる可能性があるため、代理店登録は必須となってくるでしょう。

もちろん、代理店登録したうえで在宅勤務を選択すれば、安全に通勤時間0で働くことも可能になりますよ。

金銭的な税金などの知識が不可欠

チャットレディは業務委託制の仕事なので、一般的な雇用された社員のように源泉徴収や年末調整を行ってもらうことができません。そのため、自分で確定申告をし、税金を納める必要があります。

確定申告では1年間の収入や、かかった経費を税務署に申告します。申告した内容に従って、所得税の納付も行わなければなりません。

また、申告した所得に応じて住民税や国民健康保険料なども計算されるので、年間数回に分けて納付する必要も出てきます。

これが会社員であれば、会社が毎月給料から税金分や社会保険料を天引きし、代わりに納めてくれるので自分ですることはありません。社会保険料に関しては、会社が半分負担してくれるので自分で納めるよりも安く済むのです。

また、税金には控除というものもあります。給与所得者であれば給与所得控除を受けることができますが、業務委託であれば受けることができません。

個人事業主として基礎控除以外の控除を受けたいのであれば、白色申告よりも青色申告を選択することで青色申告控除が受けられるなどの仕組みがあります。青色申告にするためには、開業届の提出も必要です。

こういった所得控除、税金、確定申告などの今まで触れたことのないような知識が不可欠になってくるのです。慣れてしまえばいいかもしれませんが、慣れるまでが大変でしょう。

確定申告や税金関係に関しても、相談に乗ってくれる代理店事務所は存在します。運営会社であるライブチャットサイトとの金銭取引に関しても間に入ってもらえるので、在宅勤務を選択する場合であっても代理店に登録したほうが安心できるでしょう。

在宅チャットレディになるために必要な物とは?初期費用が結構掛かる

代理店に登録をせずに在宅チャットレディを始めようと思ったときに、必要な物をそろえなければいけません。実は自分一人でチャットレディの仕事を始めようと思った場合、結構な初期費用が掛かってしまいます。

チャットレディの仕事にはどんなものが必要になるのでしょうか。ご紹介していきましょう。

ある程度スペックのあるパソコンやスマホ

チャットレディはパソコンやスマホを通して男性と会話を楽しむお仕事です。そのため、パソコンやスマホは必須アイテムになります。

そのパソコンやスマホはどんなものでもいいというわけではありません。男性客が快適に会話を楽しむためには、それなりのスペックの機器を用意しなければいけないのです。

パソコンのスペックは、最低でも以下のスペックが必要です。

OS・・・Windows8/10 MacOSX
CPU・・・2.33GHz以上
コア数・・・2以上(デュアルコア)
メモリ・・・2GB以上
モニターサイズ・・・12型以上(用紙B5サイズ以上)

最低限のスペックは上記のとおりですが、あくまで最低限です。画面が固まったりなどの不具合は出てくるかもしれません。快適に仕事を行うには、下記のスペック以上がおすすめです。

  • OS・・・Windows8/10 MacOSX
  • CPU・・・3.4GHz以上
  • コア数・・・4以上(クアッドコア)
  • メモリ・・・4GB以上
  • モニターサイズ・・・15型以上(用紙A4サイズ以上)

以上のスペックのパソコンを用意するようにしてみてください。また、自分がすでにパソコンを持っているという場合は以下の手順でスペックの確認ができます。

デスクトップ画面で右クリック
ディスプレイ設定をクリック
バージョン情報をクリック

プロセッサでCPU、実装RAMでメモリ、エディションでOSの確認をすることができます。推奨スペックの確保ができているか確認した上で仕事を始めることも、稼げるコツの一つになりますよ。

また、スマホ対応のライブチャットサイトも出てきています。それであれば準備も簡単ですが、仕事専用のスマホを用意しなければいけないサイトもあるため注意してください。

WEBカメラや照明・マイクなどの周辺機器

チャットレディは自分の映像を映し出しながら、リアルタイムで男性と会話をします。男性は女性の姿をみながら、おうちデートをしているような感覚を楽しむのです。

自分の姿を映し出すとなると、まずはWEBカメラが必須になってきます。また「チャット」と言ってはいますが、女の子は音声で会話をするのでマイクも必須アイテムです。

そして、どうしても映像が綺麗な人に男性は集まるので照明も必要になってくるでしょう。こういった周辺機器もそれなりのスペックが必要になってきます。

高画質・高品質で配信をしていて、ヘッドセットなどを利用してマイクに雑音が入っておらず、明るいライトが当たって若々しい印象の女性と、画質も悪く、音声も聞こえずらう、照明などがなく顔に影ができてしまっている女性、どちらに男性が集まるかは一目瞭然です。

素人感のある女の子と話したいという男性の心理はありますが、だからと言って仕事なのに手抜き感がある女の子に人気はありません。

周辺機器にも気を遣っていきましょう。

できれば光回線のインターネット

手抜き感が出てこないためにも、映像が途切れたり遅れたりするようなことは避けるべきです。そのため、インターネット回線にも気を遣いましょう。

普段家ではWi-Fi環境しか用意していないという人も多いかもしれません。Wi-Fiだけでは通信が途切れるなどの不安定な状況ができてしまう可能性があります。

そのため、インターネットの光回線を契約することも重要になってくるでしょう。光回線は工事も必要ですし、これから準備するとなると数週間時間が必要になってきます。これは少し面倒かもしれません。

また、光回線に加えて有線で作業することによって更に通信状態がよくなります。

チャット専用の個室があったほうが安全に仕事をこなせる

ライブチャットに出演する際には、個人情報の流出に気を遣う必要があります。普段生活している部屋をチャットする部屋として利用してしまうと、うっかり身分証明書や外の景色が映ってしまうということになりかねません。

壁に貼ってあった紙に自分の本名が書かれていたということもありえるのです。こうしたうっかりミスから、ストーカー被害に遭ってしまう危険性もあります。

そのため、うっかりを防ぐためにもチャット専用のスペースを確保することは重要になってきます。

また、清潔感も男性に好まれるポイントなので、洗濯物などの生活感を映し出さないためにも必要になってくるといえるでしょう。

在宅チャットレディに必要なものをそろえたいなら代理店登録がおすすめ

在宅でチャットレディとして働く際に、必要な物は意外と多いということがわかりました。初期費用が結構掛かってしまったり、稼げるノウハウを知らないと収入が0になってしまう危険性があったりと始めるためのハードルは少々高いように思えます。

このハードルを一気に下げてくれる方法が、代理店登録です。代理店に登録すれば、仕事道具のレンタルをしてもらえる場合もありますし、通勤を選択すれば衣装やウィッグのレンタルを受けることもできます。個人チャットルームも完備されています

また、稼げるノウハウをしっかり教えてくれるところであれば、稼げない期間をより最小限にすることもできるでしょう。

こういったサポートが充実している代理店でおすすめなのが、チャットレディAlice札幌です。無料レンタルはもちろん、稼ぐためのサポート、トラブルの対処までしっかり行ってくれます。

顧問税理士や経理スタッフもついているので、確定申告や節税対策についてもしっかり相談に乗ってもらえますよ。

少しでも気になったらアリスに電話やメールをしてみてはいかがでしょうか。

2022年3月14日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP

札幌駅前店line応募用QR
札幌大通店line応募用QR