チャットレディの仕事がコロナ禍でも人気なワケとは? | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディの仕事がコロナ禍でも人気なワケとは?

チャットレディの人気や需要はコロナ禍でも衰えていない!

チャットレディの仕事がコロナ禍でも人気なワケとは?

チャットレディのお仕事は、新型コロナウイルス感染拡大の前後を比べても、需要は衰えていません。
求人の応募も豊富で、本業・副業・学生のアルバイトなど、どの働き方であっても、女性からの人気は変わらず高いです。

また、コロナ以前より自由な働き方ができる仕事として人気があったチャットレディですが、在宅でも可能な仕事として、コロナ禍でより注目が集まりました。

なぜ、チャットレディ業界は、コロナ禍でもマイナスな影響をほとんど受けていないのか、そして高い需要を維持しているのか、詳しく解説していきます。

さらに、チャット業界が今後どのように発展していくかについても、詳しく推察・解説していくので、チャットレディの仕事に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

チャットレディがコロナ需要がある理由

チャットレディ業界は、コロナ禍でも人気が低下することはなく、どんな時も働き続けられることから、働く女性からの需要が高いです。
同時に、ライブチャットで遊ぶ男性からの需要も高まっています。

近年のニュースでは、コロナ禍の影響で休業・自粛を余儀なくされたという事業の情報が多い中、なぜチャットレディの仕事は、安定して高い需要を維持できているのか。
その4つの理由について、詳しく解説します。
チャットレディをコロナ禍でも安心して始められるおすすめの代理店

理由①:対面の仕事ではない

新型コロナウイルス感染症では、人との直接的な接触を減らすことが感染症予防に大切とされています。
そんな中、チャットレディの仕事は、インターネットを通して接客をするお仕事なので、お客さんから感染する、または相手を感染させてしまう心配がありません。

そのため、女性も男性も神経質になることなく、気軽にコミュニケーションが取れるとして、チャットの人気は現在高まっているのです。

理由②:在宅勤務ができる

チャットレディは、在宅勤務が可能なお仕事です。
パソコン・Webカメラ・インターネット環境さえあれば、サイト登録後にすぐにお仕事を始めることができます。
最近では、スマホ一つでお仕事を開始することも可能です。

在宅なら、ちょっとの時間も有効活用できるメリットがあります。
感染を防ぐために、多くの企業でリモートワークが取り入れられましたが、減った通勤時間を活用して、副業チャットレディを始める方も少なくありません。

理由③:自由な通勤時間の選択が可能

チャットレディは、在宅だけでなく通勤でもお仕事が可能です。
代理店の用意したチャットルームを利用することで、自宅に配信する環境が整っていなくても、すぐにお仕事が始められます。

勤務時間は決まっておらず、基本はどの店舗も完全自由出勤です。
そのため、通勤ラッシュの時間帯を避けることができて、感染のリスクを減らすことができます。

また、最近は完全個室のチャットルームを完備しているところが大半です。
仕事中の人との接触はほとんどありませんし、パーテーション越しでのお仕事よりも、安心してチャットや会話ができます。

宿泊できる代理店なら、通勤の回数を減らすことも可能です。
週末に泊まり込みでお仕事をすれば、通勤時の人との接触を減らせますし、無理して帰る必要もありません。

さらに、出勤時の消毒や検温はもちろん、使用するパソコンや家具・グッズ・ドアノブなど除菌・消毒は、コロナ以前から徹底しているプロダクションも多いです。
働く女性の安全を第一に思っている店舗・スタッフが多い業界であることから、チャット業界には、安心して働ける職場が多数あると言えるでしょう。

理由④:高収入が可能

ライブチャットで得られる収入は、完全出来高制です。
チャット方式・同時接続した男性会員との人数・時間などによって報酬金額は変動し、働き方次第で大きく収入が変わる特徴があります。

そのため、効率的な働き方をつかむことができれば、短時間で高収入をゲットすることも可能です。
加えて、自分がやめたいと思ったタイミングでチャットを終わらせることができるので、自分の生活を優先して、働き方を決められる利点もあります。

チャットレディ業界のコロナ後とは?

チャットレディ業界の今後の需要は、コロナの影響から、引き続き伸びていくものと予測されています。

通常、飲食店やナイトワークなどの女性が男性を直接接客するようなお仕事は、休業や自粛・閉店せざるを得なくなっていることがほとんどです。
そのため、直接お客さんと接することがなく、コロナによる影響がほとんどないチャットレディの仕事は、サービス業の女性の、新たな収入源としての需要が高まるでしょう。

また、これまでスナックやキャバクラなどを利用していたお客さんにおいても、お店の利用ができなくなることから、ライブチャットに移行する人も増加しています。
お店にはいけないけれど、誰かとコミュニケーションを取りたいという希望をライブチャットでは満たすことができるのです。

さらに、テレワークの普及によって、インターネット上での交流が主流となってきている状況も、今後も需要が見込める要因となっています。

チャットレディをコロナ禍で始める際の注意点

チャットレディの仕事をコロナ禍をきっかけに始めようと思っている女性は少なくないと思います。
しかしながら、とにかくすぐに収入が欲しいからと、下調べ無しで応募・登録をするのは得策ではありません。

通勤勤務・在宅勤務にかかわらず、チャットレディとしいて働くには注意しておく点がいくつかあるので、紹介します。

身バレ対策は必ず行う

チャットレディの仕事のリスクとして、身バレ・顔バレが挙げられます。

特に在宅の場合であれば、身バレから住所バレ・会社バレまでしてしまう危険性も、全くないとは言い切れません。
通勤チャットレディであっても、待ち伏せやストーカーなどのリスクもあります。
そのため、どのような働き方であっても、身バレ対策は必ず行うようにしましょう。

また、ライブチャットサイトの利用規定では、チャット動画の録画や画面の撮影は禁止されています。
しかしながら、個人使用として保存したり、販売・拡散を目的として違反する人も中にはいることから、流出の危険もあります。
流出による身バレの可能性を低くするためにも、メイクや服装を変えたり、顔の一部を隠したりという身バレ対策は、徹底しておきましょう。

身バレは、女性の見た目からだけでなく、チャット中の発言やカメラを回している時の周りの環境からも起こり得ます。
本名や住所などの個人情報をうっかり話してしまわないように、チャットレディとしてのキャラクターをしっかりと作っておくことが重要です。
Webカメラに映り込む書類関係や、窓の外の風景も個人を特定する要因になりかねないので、十分に気をつけましょう。

稼ぐ金額に注意

チャットレディは高収入も仕事であるため、不意に稼ぎすぎてしまい、扶養から外れてしまうこともあります。

配偶者控除が適用外となり、確定申告が必要になるとされているのは、本業がチャットレディであれば、年間の所得が48万円以上の時です。
また、副業の場合であれば、総所得金額の合計が103万円以上で、控除適用外となり、確定申告が必要になります。

しかし、世帯主の収入金額や自治体によっては、所得金額のラインが異なったり、住民税の申告は必要になるケースもあります。
税金の未申告や滞納が発覚した際には、税務署から催促状や警告・延滞料金が発生します。

なので、扶養の知識についてきちんと理解しておき、お金の管理は自分でしっかりとしておきましょう。
そして、必要に応じて、確定申告をきちんと忘れずに行ってくださいね。

チャットレディをコロナ禍でも安心して始められるおすすめの代理店

直接お客さんを接客することがないチャットレディの仕事は、新型コロナウイルス感染症であっても、感染確率が低いです。
その上、通勤や在宅のほか、深夜や早朝、1〜2時間のみなど、かなり柔軟な働き方ができることから、今後も需要と人気が伸びていくことが予想されます。

未経験者がチャットレディを始める際には、危険を回避するために、身バレ対策をまずは徹底しておきましょう。
そして、安心して働くために、登録するライブチャットのサイトやチャットレディ代理店は、きちんと吟味してから選ぶようにしてください。

札幌でおすすめの代理店は、チャットレディ代理店Alice(アリス)です。
アリス札幌には、清潔で快適な通勤チャットルームが、用意されています。
身バレ対策がきちんとしていることと、確定申告のサポートもあることから、初めての方でも安心してお仕事が始められるでしょう。

2021年4月9日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP